第21回スピーチコンテスト

8月27日金曜日に「第21回スピーチコンテスト」を行いました。今年度は世の中の状況から判断し、オンラインでの開催となりました。
発表者以外の学生は自宅からオンラインでの参加となりましたが、大きな問題もなく実施することができました。

今年度は各クラスから代表者12名が発表しました。それぞれ個性の光る素晴らしいスピーチを披露してくれました。
初級~初中級の学生の中には、こんなに長く日本語で話すのは初めてだ、という学生もいました。表現力豊かに、努力の成果が見えるスピーチでした。
中級以上の学生たちは、文章の構成力も素晴らしく、4分間という時間の中で目一杯自分を表現していました。皆さん、緊張しながらも一生懸命スピーチしている姿が印象的でした。

発表者の中から最優秀賞、優秀賞、学院長賞を選びました。それから、学生の投票によって学生賞を選びました。
学生たちの様子や発表者の写真は、UJSのFacebookをご覧ください。

スピーチコンテストでは毎年学生の成長した姿、クラスでは見えなかった新しい一面などが見え、私たち教員も刺激をもらう良い機会となっています。
今年もたくさんの良い刺激をもらいました。ありがとうございます。
さらにコンテストが無事に開催できたのは学生の皆さんの協力があったからだと思います。皆さん、本当にありがとうございました。
来年度はぜひ大きなホールで開催できることを願っております!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA