Educational System

学校の体制について

Introduction

はじめに

 UJS Language Instituteには、海外での留学経験があったり、日本企業で働いたことのある先生や事務スタッフが多数在籍しております。また、学生の進路相談にも対応できるよう、資格を持った専門スタッフが常駐しております。UJS Language Instituteでは、先生や事務スタッフが満足して働ける環境をつくることにより、素晴らしい授業やサービスが学生に提供できると考えています。

学院長の挨拶

 私共UJS Language Instituteは、1986年の創立より世界各国から多くの学生を留学生として受け入れ、社会の一員として日本だけでなく世界で活躍するグローバル人材を育成することに注力して参りました。
 時代とともに日本語学習者のニーズは常に変化しており、近年ではアクティブラーニングに特化した学習環境づくりを進めております。
 異文化に対し互いに敬意を払いながら日本社会に適応し、学習者が次のステップに進められるよう、教職員一同熱意をもって教育にあたっております。
 あなたの夢の実現のためUJS Language Instituteの扉を開かれることを心よりお待ちしております。

Teacher

先生

 様々なバックグラウンドを持っている教師が多数在籍しております。日本語を教えるだけではなく、皆様の留学生活を明るく楽しくするために、全力でサポートしていきます。大学や専門学校へ進学するときに必要な面接の練習や作文の添削などの指導も行います。

Office staff

事務スタッフ

 日本語が話せなくても心配ありません。国際経験豊かな事務スタッフが多数在籍しており、英語・中国語・韓国語・ベトナム語にて入学から卒業まで皆様の留学生活を徹底サポートします。

Employment support staff

就職支援スタッフ

 専門の資格を持った就職支援スタッフが、学生の就職相談に個別で対応します。学校内で就職セミナーなども開催しています。

About scholarships

奨学金について

UJS Believe in Your Efforts 奨学金

UJS Language Instituteは、1986年の開校より多くの卒業生を社会に送り出してきました。在学中、優秀な成績を収め、努力を惜しまず勉学に励んだ学生達は、日本のみならず世界でも活躍しています。語学学習は、努力した分だけ結果が伴うものですが、目標達成までの道のりは挑戦と挫折の繰り返しであり、苦難も少なくありません。UJS Language Instituteは、一つ一つの課題に真摯に向き合い、夢に向かって努力し続ける“頑張る人”を応援する学校でありたいとの思いから、この奨学金を設立しました。

支給額 150,000円(一括)
審査時期 毎年4月
内定通知 5月
支給月 9月
表彰方法 8月のスピーチコンテスト内にて実施
条 件
  1.  UJS Language Instituteに6ヶ月以上在籍している留学生。
  2.  審査期間の直近6ヶ月の出席率が97%以上であること。
  3.  過去半年の定期試験のいずれかで、下記の条件以上の成績を収めていること。

    初級クラス 総合成績を含む、8分野の成績が全てA以上であること。
    初中級クラス 総合成績を含む、8分野の成績が全てA以上であること。
    中級クラス 総合成績を含む、8分野の成績が全てA以上であること。
    中上級クラス 総合成績を含む、8分野の成績が全てA以上であること。
    上級クラス 総合成績を含む、7分野の成績が全てA以上であること。
  4.  支給決定の内定通知後も、1ヶ月の出席率が95%以上を入学から維持している者。
  5.  明確な就学目的を持っていること。
  6.  3)、4)、5)の条件を奨学金受給後も維持できること。

※ 受給後、受給条件から逸脱した場合、奨学金の返還を求める場合がある。
※ 他の奨学金制度との併給可。

2021年度

日本学生支援機構 文部科学省外国人留学生学習奨励費

出席並びに成績が優秀かつ、生活上支援が必要な学生を推薦し、審査を通過した後、12ヶ月間毎月3万円の奨学金を支給します。

支給額 ¥30,000
期 間 12ヶ月
条 件
  1.  学業成績、学習態度が優秀であること(学業成績については前年度の成績評価係数が2.30以上であり、受給期間中もそれを維持できること)
  2.  学習奨励費受給後に、機構が日本語教育機関を通じて行う進路状況調査に協力する意思を有する者であること
  3.  仕送りが平均月額9万円以下であること(授業料は含まない)
  4.  在日している扶養者の年収が500万円未満であること
  5.  併給を制限されている奨学金等の給付を受けている者でないこと
  6.  機構の海外留学支援制度による支援を受けていないこと
  7.  受給する年度の翌年度において、大学等への進学を目指していること
     受給者決定の流れ:学内で選考を行い、指定人数を機構に推薦。
    (学内一次選考:出席率、平常点による評価、作文の提出、二次選考:面接)

2021年度

N.T.T

N.V.H

2020年度

E.D

2019年度

A.A

B.S

2018年度

D.S

B

2017年度

N.T.T

Z.H

共立メンテナンス奨学基金奨学金

人物、学問ともに優秀で、志のあるアジア国籍の日本語学校生を推薦し、団体の審査を通過した者に12ヶ月間毎月6万円の奨学金を支給します。

支給額 毎月 ¥60,000
期 間 12ヶ月
条 件
  1.  アジア国籍を持つ私費留学生
  2.  在籍期間が最低1年以上の者
  3.  人物、学問ともに優秀であり、志操堅実かつ健康である者
  4.  採用された場合、現況報告書として作文を指定期日までに必ず提出できる者
  5.  奨学金授与式に参加できる者
他奨学金が月額5万円以下の場合、併給可
受給者決定の流れ 学内で選考を行い、指定人数を財団に推薦。財団選考委員会の書類選考の上決定。
(学内一次選考:出席率、平常点による評価、作文の提出、二次選考:面接)

2020年度

B.A

LSHアジア奨学会奨学金

李秀賢氏の志を理解し、母国と日本の「かけはし」を目指し、勉強に励むアジア国籍の日本語学校生を推薦し、奨学会の審査を通過した者に、5ヶ月分の支援として10万円の奨学金を支給します。

支給額 ¥100,000(8~12月までの5ヶ月分として)
条 件
  1.  在留資格「留学」を有するアジア出身の学生であること
  2.  7月1日時点で、推薦を受ける学校に3ヶ月以上在籍し、同日から更に6ヶ月以上在籍する予定であること
  3.  7月1日以前の出席率が90%以上であること
  4.  勉学姿勢も優秀で、その後も同等以上であることが認められること
  5.  故李秀賢氏について理解し、将来母国と日本の交流に資することを目的にして現在日本語学習に励んでいること
  6.  現在および本奨学金給付期間中、他の奨学金の給付を受けておらず、受ける予定もないこと
受給者決定の流れ 学内で選考を行い、1名を奨学会に推薦。選抜審査委員会と理事会の審査を経て決定。
(学内一次選考:出席率、平常点による評価、作文の提出、二次選考:面接)

2020年度

該当者なし

その他(各学期皆勤賞)

毎期、出席率が100%の者にクオカード3,000円を進呈します。